茨城弁太郎先生のご紹介

ごじゃラジZの人気コーナー「茨城弁教育委員会」でゲスト講師をしてくださっている茨城弁太郎先生のプロフィールをご紹介します。

ご本人から公式のプロフィールをいただいていない関係で、以下の文章には推測も含まれています。あらかじめご了承ください。なお、今後番組の中で明らかになった点は随時追記させていただきます。

茨城 弁太郎 (いばらき べんたろう)

常総市(旧石下町)出身。

自称39歳。(※初回登場時に判明。ただし、実年齢は不明)

茨城弁教育委員会 教育長。

茨城弁をこよなく愛し、茨城弁の普及に全力を注ぐ。

特に県西部の茨城弁に造詣が深い。県内全域の茨城弁についても知識は豊富だが、発音にはそれほど自信を持っていないようだ。

イバラキングの親戚で、茨城弁の師匠でもある。

英語などの横文字が苦手というわりには、番組でよく使う傾向にある。

都会は苦手らしく、特に電車が嫌い。

愛車は泥のついた軽トラック。(※初回登場後にイバラキングが言及)

イバラキングに声色が似ているが、初回登場時のマミーゴの発言によると顔も似ているとのこと。

茨城弁太郎bot

bot(ボット)とはツイッターの自動発言プログラムのことです。けっしてボットンではありません。

茨城弁太郎先生の過去の発言をプログラム化し、自動的に茨城弁をつぶやきます。

例え、「ごじゃっぺやろ!」と罵られても、プログラムが勝手にツイートしているだけなので笑ってやり過ごしてくださいね。

茨城弁太郎bot