次につながる交流会

先日、このブログでも何度か登場している尾又氏が主催するパワー交流会inつくばに参加しました。

一緒に行った友人の工藤君があいかわらず独自の解釈で交流会の様子を語っています。妄想もここまでいけば芸術です(笑)。

彼とは交流会終了後に2人だけの2次会を開催しまして、お互いの今後の活動についてあれこれ意見を交わしました。

そこで、彼に言われたのが、そろそろ新しいコンテンツを作らないとダメだ!ということ。はい、おっしゃるとおりです(笑)。実はすでに「ごじゃっぺ観光協会」という名前でニューコンテンツの準備に取り掛かってはいるのですが、彼の反応はなんかいまひとつ・・・

というのは、それよりも今すぐに取り上げるべきテーマがあるだろうとのこと。それはもしかして、例のアレだろうなと思ったら、やはりアレでした。

そうです。先日開港した「茨城空港」。

今取り上げなくてどうするんだ!と。わかります。

でも正直、絡みにくいっす(苦笑)。どう料理したらいいか、これほどシェフの腕が問われる食材もなかなかないでしょう。まさに今が旬の食材なんですけどね。

まあ、ただ茨城王が料理するとなれば、やることは一つしかありません。いかに面白がってもらえるかです。

その将来性について真面目に語ったり、逆に、税金の無駄遣いだといって批判するのは、私の領域ではありません。そっちの仕事は、そっちの人に任せて、自分の仕事をする。それでこそ、棲み分け、共存共栄ができるってもんでしょう。

でもほんと塩加減が難しそうです。塩が効き過ぎると、批判っぽくなってしまい、頑張っている人たちの足を引っ張る可能性があります。逆に、効きが甘いとつまんなくて、それこそ読んでもらえません。

茨城王の役目として一番大切なのは、まず茨城空港に興味を持っていただく「きっかけ」を作ることですよね。たぶん空港を盛り上げたい人もそれが一番やりたいんでしょうが、ただ知ってもらうだけでなく興味を持ってもらうというのは一番難しくもあります。ですので、そのためには多少塩っ気があっても、パンチのきいた料理をお出しするしかないでしょうね。

まだどんな料理ができるかわかりませんが、みなさんが空腹のうちにお出しできるようにがんばります。

ところで、今回の交流会ですが、次につながる可能性をいろいろ感じました。

今回一番面白かったのはみやぞにーさんの紹介で参加された方々。みなさん筑波大のOBで、これぞまさに「つくば系」。知性にあふれた人、ユニークな活動をしている人、エネルギッシュな人・・・つくばならではといいますか、茨城の他の地域ではあまり見られないタイプの方ばかりでとても刺激を受けました。また、みなさん若くてパワーがほとばしっています。パワー交流会というのはこの方たちのために付けられた名前のような気がしてきました。こういう方と出会えるからこそつくばで開催する意味があるともいえます。今後、まちおこし的な分野などで関わっていけることがあれば面白いですね。

次につながるといえば、主催者の尾又さんは次回水戸で交流会を開催するそうです。これには、私と工藤君も「お泊り」で参戦しようかと思っています。

他には、初回の交流会にも参加されていた語学コンサルタントの川崎さん。前回はほとんど話ができませんでしたが、今回は木葉下(あぼっけ)や「おかんじんめ」など、かなりディープな話に花が咲きました(笑)。

ちなみにこの方はマルチリンガルなんです!日本語、英語、フランス語・・・そして、茨城弁(笑)の4ヶ国語を使いこなすスゴイ方。実は私、茨城弁Tシャツに茨城弁の英訳を載せるのに非常に苦労した経験がありまして、今度新作のTシャツを作るときには川崎さんに正しい茨城弁の英訳を教えていただこうと密かにたくらんでいます(笑)。

最後に、ホソダ興産の細田氏。直接交流会とは関係ありませんが、4月3日(土)&4日(日)の「イバラキングのごじゃっぺラジオZ」にゲスト出演してもらうことになっています。不動産屋といってもいろいろありまして、彼の経営するホソダ興産の業務内容は非常にユニーク。面白い話が聞けるんではないかと期待しています。

他にも、紹介したいと思える面白い人が何人もいたのですが、とりあえず今回はブログで交流会の報告記事を書かれていた方をピックアップして紹介させていただきました。

「ユニークな活動をしている人」「茨城LOVEな人」が集まる交流会、今後の展開が楽しみです。