イバラッパー4thアルバム「イバラッパー04」発売

ibarapper04

イバラッパーのご当地ラップシリーズ第4弾「イバラッパー04」発売

前作「イバラッパー03」から1年ぶりとなるイバラッパーのオリジナルアルバムが発売となりました。

今回も6曲入りで1,000円です。

関連商品:イバラッパーBEST(イバラッパー01~03からのほぼ全部入り)

CDの購入方法

収録曲のご紹介

1.イバラッパーのテーマ (作詞・作曲:イバラキング)

イバラッパーがなまりまくるアツ~い自己紹介ラップ。いわゆるセルフボースト系の曲に初挑戦ということで、あえて煽るような要素を入れてみました。

2.We love 霞ヶ浦 (作詞・作曲:イバラキング)

日本第2位の湖「霞ヶ浦」とその沿岸の9市町村を取り上げた曲。イバラッパーが土浦から霞ヶ浦の周りを1周します。霞ヶ浦ドライブのお供に!

3.桜川 feat. 小杉美佳 (作詞・作曲:イバラキング)

桜川市出身のシンガー小杉美佳ちゃんとイバラッパーがラップでコラボ!「桜」感のあるトラックにのせて、「桜川の桜」「真壁のひな祭り」などを紹介しています。

4.mother2 ~母なる茨城~ feat. Laguna (作詞・作曲・編曲:イバラキング、Laguna)

つくば発本格ドラマティックJ-POPユニット「Laguna」とのコラボ曲。Lagunaの代表曲の一つ「mother」をサンプリングして、新たに歌詞をつけました。イバラッパーらしからぬ壮大でドラマティックな曲に仕上がっています。

5.常総魂[ボーナストラック] (作詞・作曲:イバラキング)

フリーダウンロード音源として公開されている常総市復興応援ソング。2015年9月の水害からの復興を願って作った曲です。→詳しくはこちら

6.パンポン・ラップ[ボーナストラック] (作詞・作曲:イバラキング)

Eテレ「天才てれびくん」でイバラッパーがテレビ戦士とパンポン対決した際に披露したオリジナルラップの完全版。(テレビでは曲の一部が紹介されました)

※パンポン=軟式テニスのボールを木の板で打ち合う日立市発祥のスポーツ

P_20151027_205656

歌詞

1. 「イバラッパーのテーマ」 作詞・作曲:イバラキング

誰もいねーちけー 人前で初ラップ「イヌイチケー」
やり方なんちゃ 知んねちけ
そんないんねちけ 普通の曲じゃ意味ねちけ
ごじゃっぺな歌 足んねちけ

おら 茨城のラッパー イバラッパー
おもしれごどやるやづ いながった
待ってでも 何にもきながった
なら どれ自分でやっか
んじゃ でぎっことやっか 今やっか
歌・楽器でぎね でも 道あっか
いづも答えは自分の中 負げでたまっか

はー 無視でぎめ イバラッパー 無視でぎめ
このなまりフロウ ほー 聴いてみでくろー
よー どしておめ イバラッパー 推してぐべ
このなまりリリック 他のラッパーじゃ 無理

おら 茨城のラッパー イバラッパー
みんなして やんねで 愚痴ばっか
ゆってでも なんも起ぎね やっぱ
なら俺 おっぱじまっか
どしたって 最初は 冷ややか
でも 続げでりゃ あづーぐなっか
いづだって敵は 自分の中 負げでたまっか

はー 無視でぎめ イバラッパー 無視でぎめ
このなまりフロウ ほー 聴いてみでくろー
よー どしておめ イバラッパー 推してぐべ
このなまりリリック 他のラッパーじゃ 無理

茨城いぐじねヤヅばっか…って 言ってるヤヅほどクチばっか
魅力がねえとかチクばっか だまされでんのはごじゃばっか
だまされねーべよ この真っ赤 なウソにやられてたまっかー
あー、ばがばがしぃ あでんなっか んじゃいぐど 派手にやっか!

はー 無視でぎめ イバラッパー 無視でぎめ
このなまりフロウ ほー 聴いてみでくろー
よー どしておめ イバラッパー 推してぐべ
このなまりリリック 他のラッパーじゃ 無理

【標準語訳】
誰もいないって 人前で初ラップがNHK やり方なんて知らないって
そんないらないって 普通の曲じゃ意味ないって 「ごじゃっぺ」な歌が足りないんだって

俺は茨城のラッパー イバラッパー 面白いことやるヤツいなかった
待っていても何も来なかった それなら自分でやるか
じゃあできることやるか 今やるか 歌・楽器ができないけど道はあるから
いつも答えは自分の中 負けてたまるか

俺は茨城のラッパー イバラッパー みんなやらないで愚痴ばっかり
言ってていも何も起きない やっぱり それなら俺が始めようか
どうしても(みんな)最初は冷ややか でも続けていれば熱くなるから
いつだって敵は自分の中 負けてたまるか

もう無視できないだろう イバラッパーを無視できないだろう
この茨城なまりのフロウ ほら 聴いてみてくれよ
よぉ!どうだいキミ イバラッパーを推していこう
この茨城なまりのリリック 他のラッパーじゃ無理

茨城は意気地ないやつばかりって 言っているヤツほど口ばっかり
魅力がないとか嘘ばっかり だまされているのはアホばっかり
だまされないよ この真っ赤な嘘にやられてたまるか
あー、ばかばかしい (そんなの)当てになるか じゃあ行こう 派手にやるか!

2. 「We love 霞ヶ浦」 作詞・作曲:イバラキング

つちゅーら学園線東へ 走れ 知んねー うちに橋の上
ここはどこ? 高架道 知っとこう 茨城の首都高
正式名称 誰もわがんめー マジ無名 「土浦ニューウェイ」
えーっ!東口に強制 送還されちっまーべ

そこは土浦ベイ やべえ 日本第二位の湖 まるで海
打ち寄せる波 南回りで茨城のマイアミ
阿見はアーミー・タウン おっ立ったブッダ見えた
アウトレットは西海岸 何この組み合わせの違和感

んじゃ ンマ(馬)でも見っか 見ろほー 美浦
かぼちゃは江戸崎 その先 古渡ふっとばし 浮島で でーごん探し
アーシーな景色稲敷 いいとこ さあ潮来まで いっとこー
51号 こごら水郷 権現山から周りを一望

霞ヶ浦 霞ヶ浦 霞ヶ浦 霞ヶ浦 ・・・We love 霞ヶ浦

あっ、そうそう ここは麻生 車飛ばそう 355 風の塔から
虹の塔へ どーれ 行方バーガー 食っとこうぜ
おばんかた 行方 真っ赤っかだ 西の彼方 筑波だ
染まる水面 この色いいな もう 言うことねーな ほー

そっから「そ・ら・ら」だな そらなあ そういや 茨城空港
偏光ガラスから透明に変更 んなって視界も良好
たまには玉里の井戸めぐり ぐるり 小美玉 回ったら そう
石岡でしょうが 舟塚山古墳 に登って興奮

いやそれとも 大橋 通過し かすみがうら市 行くのもよし
昔 わたし取られました 360円 マジ出島 マジでした
今は無料 になって感無量 亀もいるよ 水族館
空いてっか 寄ってっか 蓮田もでっかー 佃煮んめーが

霞ヶ浦 霞ヶ浦 霞ヶ浦 霞ヶ浦 ・・・We love 霞ヶ浦

破壊しないでよ ハッカー 頼みます アノニマス
霞ヶ浦 河川事務所 なんでチクショー! 無残に改ざん
誤解しないでよ ハッカー 頼みます アノニマス
霞ヶ「浦」 と霞ヶ「関」 世紀の大誤爆 にネットも湧く

3. 「桜川 」feat. 小杉美佳 作詞・作曲:イバラキング

さあ来るなら 今 桜川 ・・・

茨城の元祖 桜川 といえばこの桜川
平安の昔は 西の吉野 東の桜川
紀貫之 詠んだ桜川 世阿弥の謡曲「桜川」
水戸黄門の心つかんだ川 それから 水戸でも桜川
桜がワーっと咲かない山桜 これがほんとの桜 だから
天然記念記念物 桜川のサクラ

水戸でもない土浦でもない稲敷でもない 桜川
西の吉野 東の桜川 茨城では西の桜川

さあ来るなら 今 桜川 ・・・

茨城の元祖 ひなまつり といえば真壁のひなまつり
この古い街並みに 人の波 まあ いつの間に
こっから広がった あちこちに たちまちに 県内じゅうに
10に 20に 増えていき 茨城 如月の風物詩
外は寒いし お茶でも飲んで 世間話
これがオリジナル あったまる 真壁のおもてなし

笠間も結城も土浦も石岡も江戸崎もひなまつり
見て回って 感じてみっぺ あったががっぺ 真壁

雨引観音 楽法寺 どっこい真壁の伝正寺
伝正寺温泉 県内一号公衆浴場 関東唯一の梵鐘
国道50号=ラブロード 筑波鉄道=りんりんロード
日本一のキセル重いど 大飯まつりはさんざん食うど
三大石材産地だ 真壁の石灯籠
いやどうも いいもんいっぱいあっと
アットホームな田舎町 いーなこのまち 出てるいい味
この癒し 昔 からある暮らし 古くて新しい

水戸でもない土浦でもない稲敷でもない 桜川
西の吉野 東の桜川 茨城では西の桜川

さあ来るなら 今 桜川 ・・・

4. 「mother2 ~母なる茨城~ 」feat. Laguna 作詞・作曲・編曲:イバラキング&Laguna

空には筑波 まっ白い雲 関東平野 見渡すかぎり なんにもねーや
いーやぁ これが俺にはむしろ 原風景 前も後ろ もすんげー 畑
田んぼだらけ そんなのあだりめだったっけ
いつからだっけ はつかしくなったっぺ 田舎っぺ
そしたっくれ、それまでの自分を消したくて 背伸びしたっぺ
なまり バカに されんじゃねーがって思うあまり
いつもだまり こくってばかり ばかに無口な俺の 出来上がり

あー 生き方に 自信なくし たまに ハメを外し てはその繰り返し
疲れた都会の暮らし 抜け出し 自分らしい 人生をやり直し させてくれたのは
この土地の癒し 茨城の魂

空と 海と この茨城 / Ah われらがいばらき 春にはヒバリが鳴き
Feel over our 茨城 / Ah われらがいばらき 秋には黄金の輝き

いつでも筑波 見えた あのまちが 恋しくなる
けれどもすぐは  戻れないと 踏みとどまる
強がるほどに 強まる 心のシグナル
夢あこがれ 遠くなる OLのリアル
自分らしくある ことの意味しみじみ考えてみたい
むやみに忙しい日々抜け出し
あの美しい峰 この目で見て湧き上がる力
感じて 踏み出そう また一から

あー 生き方に 自信なくし たまに ハメを外し てはその繰り返し
疲れた都会の暮らし 抜け出し 自分らしい 人生をやり直し させてくれたのは
この土地の癒し 茨城の魂

空と 海と この茨城 / Ah われらがいばらき 春にはヒバリが鳴き
Feel over our 茨城 / Ah われらがいばらき 秋には黄金の輝き

5. 「常総魂」 作詞・作曲:イバラキング

今は待ったなし また新しい 常総市 想像し
行動し このどうしようもない 状況で見せろ常総魂

今は一大事 でもだいじ Life is not easy 捨てんな意地
いじやけても 投げんな「さじ」 まさに これぞ常総魂

俺に何 できるって話 もしかしてただの無駄足?
勘違いならなんか恥ずかしい でもきっとやんねよりマシ
頭と身体動かし でぎっこと とにかくやるべし
昼飯 炊き出し ボランティア 泥出し ゴミ出し
ニーズ探し出し 情報発信 援助物資 それに募金
それぞれ小さい動き それが集まれば大きい
本気 でやってりぁ 集まる同志 夜通し悩んだあの日
一歩踏み出す勇気 やりきる根気 さあもう一息!

6. 「パンポン・ラップ」 作詞・作曲:イバラキング

ラケット パン! ボールがポン! 日立で誕生 パンポン

見てーろ 俺のラケット 唸りあげっと らいさま 出っと
まるでロケット そんなぼけっと してっと 終わってっと 1セット

見てみろ 板のラケット 木製ネット 白線コート あと
ボールありぁでぎっと 君もいつかきっと パンポンキッド