がんばっぺ!こくぶん祭

みなさんこんにちは。
こくぶん祭のシンポジウムに出演する予定の茨城王です。

↓クリックすると拡大表示されます。

ところでみなさん、こくぶん祭って知ってますか?
「国内最大の文化・芸術の祭典」なんですよ。
「なんかそのわりには知名度なさすぎだっぺよ~」というのは禁句ですからね(苦笑)。

私もせっかく出演することになったんだから多少PRに協力させてもらおう・・・なんて、ちょっと軽く考えていました。
ただ一つだけ気がかりだったのが、私の出演するシンポジウムの収容人数が1000名だったことです。

えっ?100人の間違いじゃなくて?
普通に考えて1000人も集まるか?
いや、知名度は低いにしても、一大イベントだし、何とかなるのかな?
でも、公式ホームページにはあんまり情報載ってないけど、そのうちいろいろ掲載されるのかな?
会場となる常総市の市報やホームページでもきっと紹介されるんだろうし・・・
まあ、何とかなっぺ!

・・・なんて感じで、のんびりしていた私の頭の中を真っ白にさせる出来事が起こります。
たまにホームページは覗いていたんですが、いつの間にかホームページに入場整理券のご案内なんていうのが載ってるじゃありませんか!
しかも、私の出演するシンポジウム「方言と文化」も入場券が必要だと書かれています。

マジっ!?聞いてないんだけどぉ~
無料とはいえ、石下のイベントで普通1000人も事前に申し込む??
いや、普通じゃありえねえ(笑)

さらに、よーく見てみると、申込み期限が、
な、なんと・・・9月16日(火)じゃないですか!
どひょーん(汗)

いや、私がスーパーアイドルならいいんですよ。
別に私じゃなくても、スーパーアイドルが共演者にいればいいんです。
2ヶ月前でもあっという間に予約でいっぱいになるでしょう。

でもそれは私の妄想であって、現実はそんなに甘くないわけで・・・

そういうことですから、私もがんばる必要が出てきました(笑)。
こりぁ相当大変ですよ。だって9月16日までに1000人ですから。

とりあえず私にできることといえばホームページ。
というか、それ以外で人を集められるようなツールを持ってません。
でもいくら茨城王で告知しても、1000人というのは茨城王の1日のアクセス数と一緒ですから。
全員が申し込みでもしてくれない限り厳しいですよねぇ。

やっぱりもっと公式サイトに頑張ってもらわないと無理。
人にとやかく言われるのが大嫌いな私ですから、逆に、人にあれこれ言うのも大嫌いなんですが、こればかりは仕方ないと思い、公式サイトをもっと中身のあるものに修正してもらうよう事務局にお願いしました。

「中身のあるもの」と書きましたが、公式サイトは表面的な情報事務的に掲載するというお役所サイトそのものだったので、もっと具体的な内容を掲載して、イベントの内容をイメージできるようなものにしてほしかったんです。
「面白そうだから行ってみようかな」と思えるレベルには程遠く、それ以前に何をやるのか抽象的でわかんなかったんですね。
せめて方言と文化のシンポジウムに茨城王が出演することくらいは掲載してもらわないと、いくらこっちで告知しても効果が半減してしまいます。
現在は具体的な内容が記載されていまして、ストーリー性とかそういうのは無理だとしても、何とか最低ラインまで持っていってもらえた気がします。

他に、あれ?どうしたのかな?と疑問に思っていたのが常総市のPRについて。
こくぶん祭は県内各地で様々なイベントが開催されるのですが、やはり一番のお客さんは地元の方だと思うんですね。
ということは、地元でのPRが集客のカギになってくるわけでして、例えば、市の広報や市のホームページなどで特集を組むなど、市がその気になれば地元に対する効果的なPRはいくらでもできます。
しかしながら、市のホームページを見てもバナーが一枚貼ってあるだけで、多くの市民が目を通す市の広報誌にも全く情報が掲載されず、これは一体どうしてしまったのだろう?本当に常総市で開催されるのかだろうか?本気で不安になるような状態でした。

これはさすがにマズイんじゃないかと思い、改善を図っていただくよう事務局にお願いしました。
さっそく市のホームページにはシンポジウムのお知らせが掲載されて、まずは一安心といったところです。
あとは、ぜひ市報で特集を組んでもらいたいです。各学校でチラシを配布するなどのPRもよいかもしれません。

〆切が9月16日ということを考えると、市報で告知したところで時すでに遅しですが、例えば、常総市役所で申込みをすれば期限を過ぎてもOKにするとか、常総市民枠のような特別枠みたいなのを作ってもらって、期限を過ぎても申込みできるような措置をお願いしたいですね。
まあ、これについては16日以降に考えることにしましょう。

そんなこんなで目標の1000人目指して私もPRを頑張ろうと思います。

がんばっぺ!こくぶん祭

つい、最後まで読んでしまった方は、ぜひ入場券のお申込みを(笑)。
詳細はこちらのページをどうぞ