11月2日からの放送内容 つくばメロウミュージックコレクション

tsukuba_mellow

つくばメロウミュージックコレクションは「つくばに暮らす大人のためのBGM」をコンセプトに、日替わりのテーマでお届けする音楽番組です。

今回も毎日一人のアーティストをフィーチャーする「アーティスト・シリーズ」です。シティ・ポップ系の人選となっております!

  • 日時: 毎週月曜~金曜 朝9:00~10:00
  • 放送局: ラヂオつくば(84.2MHz) ※ネット配信(サイマルラジオ)対応
  • ツイッターハッシュタグ: #つくばメロウ
  • ナビゲーター: イバラキング

プレイリスト

月曜日:竹内まりや

竹内まりやは休業明けの80年代中期以降のイメージが強い方も多いと思いますが、今回は初期のアルバムを中心にセレクトしています。初期のアルバムも名盤ぞろいですよ。

といいつも、アーバン・ディスコ・ファンクな「夢の続き」「プラスティック・ラヴ」は外せませんでした。

  1. SEPTEMBER
  2. 戻っておいで・私の時間
  3. Morning Glory
  4. ドリーム・オブ・ユー~レモンライムの青い風~
  5. 涙のワンサイデッド・ラヴ
  6. リンダ
  7. ウエイトレス
  8. 不思議なピーチパイ
  9. 五線紙
  10. 二人のバカンス
  11. Sweetest Music
  12. 夢の続き
  13. プラスティック・ラブ
  14. OH NO, OH YES

火曜日:EPO

資生堂キャンペーンソング「う・ふ・ふ・ふ」やひょうきん族のEDになったシュガーベイブのカヴァー「ダウン・タウン」などが有名ですが、個人的にイチオシなのがセカンドアルバム「GOODIES」。なかでも「雨のケンネル通り」と「チアーガール」は今聴いても全然イケますね。今回はこの「GOODIES」の曲を中心にセレクトしました。

  1. ダウン・タウン
  2. 土曜の夜はパラダイス
  3. Girl in me
  4. パレード
  5. パフォーマンス(Overture)
  6. PARK Ave.1981
  7. 雨のケンネル通り
  8. チアーガール
  9. ドライブ・ソング
  10. GOODIES
  11. PAY DAY
  12. うわさになりたい
  13. 週末は”WEEK・END”で
  14. VITAMIN E・P・O
  15. う・ふ・ふ・ふ

水曜日:大貫妙子

山下達郎らと結成したシュガーベイブ解散直後に発表したファーストから、坂本龍一が全曲アレンジを担当したセカンド、そして、小倉エージプロデュースのサードの3枚のアルバムからのみのセレクトです。特にセカンドアルバム「SUNSHOWER」はメロウ・グルーヴ・チューン目白押し。「都会」の間奏とか最高です!

  1. サマー・コネクション
  2. 愛は幻
  3. 横顔
  4. 空をとべたら
  5. 午后の休息
  6. ONE’S LOVE
  7. くすりをたくさん
  8. WONDER LUST
  9. 4:00 A.M.
  10. 都会
  11. サイレント・スクリーマー
  12. 何もいらない
  13. 海と少年
  14. からっぽの椅子

木曜日:松原みき

松原みきの名前は知らなくても、名曲「真夜中のドア」を聴けば、「あー聴いたことある」となるんじゃないでしょうか。実はこの曲の元ネタはキャロル・ベイヤー・セイガー「イッツ・ア・フォーリン・イン・ラブ」で、聴き比べてみるとすぐにわかるかと思います。もちろんどちらも名曲ですよ。これはプロデュースの林哲司がデヴィッド・フォスターに影響を受けてこういうアレンジになったのでしょうね。「イッツ・ア・フォーリン・イン・ラブ」はマイケル・ジャクソンが「オフ・ザ・ウォール」でカヴァーしてるんで知ってる人も多いと思います。ちなみに林哲司は上記の竹内まりや「SEPTEMBER」も手掛けてますね。

さて、松原みきですが、個人的にはラストの「WINK」というアルバムが気に入っていまして、88年なのでこの当時では遅すぎたシティポップって感じだったのかもしれません。でも今まとめてシティポップとして聴いてみると古さもなくて、全然聴けちゃうんですよね。最近CD化されたので、GETするなら今がチャンスかも。

  1. カフェ・イ・アルテ
  2. 女神の右手
  3. ハートの鍵貸します
  4. マインド・ゲーム
  5. あいつのブラウンシューズ
  6. 真夜中のドア~Stay With Me (シングルver.)
  7. IN THE ROOM
  8. Rainy Day Woman
  9. シャンデリア・ミラージュ
  10. クライン
  11. ニートな午後3時
  12. サングラスはもういらない
  13. Jazzy Night
  14. 雨のちハレルヤ

金曜日:門あさ美

当時は「ファッション・ミュージック」というコピーが使われていたそうですが、たしかにその当時に聴いていたらオシャレ感が半端なかったのでしょうね。今聴くとちょっと時代を感じちゃうところもありますが、やはりこのミステリアス感やセクシーさは唯一無二ですね。今回はファーストアルバム「Fascination」、セカンドアルバム「SACHET」を中心にセレクトしています。

  1. Fascination
  2. Mr. K
  3. Lonely Lonely
  4. やさしい声で殺して
  5. Hold On My Heart
  6. Keep On Loving
  7. South Shore
  8. お好きにせめて
  9. とっておき My Love
  10. 月下美人
  11. 太陽がいっぱい
  12. ニューウェイブ・アイドル
  13. Stop Passing Night
  14. Darling
  15. セ・シボン