ふんなふんね

コアな茨城弁ユーザーの間で多用されている「●●な●●ね」。
すでにこのブログでも「わぎゃなわぎゃね」「かまなかまね」の2つを紹介しました。
コアな用法であるためか、未だみなさんからのコメントはいただけていませんが、本日別の言い方を発見しましたので、紹介したいと思います。

それは「ふんなふんね」です。
今日はあいにくの曇り空で雨が振りそうで降らないはっきりしない天気なのですが、うちの祖母が空を見るなりこのようにつぶやいたのです。

くもってっけど、ふんなふんねどな

いまいち聞き取りにくかったため、もう一度聞きなおしましたが、やはり同じことを言っていました。
「ふんなふんね」・・・そうか、そんな使い方もあったのか!何気ない日常会話の中での思わぬ発見でした。

「ふんなふんね」とは漢字で書くと「降んな降んね」です。
ここでの「降る」は雨が降るという意味ですね。
標準語だと「(今にも雨が)降りそうだけれど降らない」とでもなりますかね。
それを一言で言えてしまう茨城弁ってなかなか素晴らしいですね!

未発見?の茨城弁はまだまだ日常の中に転がっていることをあらためて感じさせられた・・・そんな祖母との会話でした。おしまい