イバラッパー「あよほー」

ayoho02

※CDもあっかんね→ イバラッパーのミニアルバム好評発売中

「アーバンメロウ」と「茨城弁ラップ」ははたして両立できるのか?という大いなる疑問を抱えながら制作されたイバラッパーのPV第4弾「あよほー」。

「あよほー」とは茨城弁で「ねえ」をあらわす「あよ」と「ほら」をあらわす「ほー」をくっつけた言葉で直訳すれば「ねえほら」という意味です。

茨城のご当地ソングをつくる「いばうた」プロジェクトシリーズでは初めてのスムースメロウな野心作です。

茨城を一度は捨てた男の哀愁ただよう物語・・・その結末は・・・

(作詞・作曲:イバラキング)

曲が気に入った方はぜひこちらを!→ イバラッパーのファーストミニアルバム発売中

イバラッパーCD

歌詞

あよほー おめいばらきだっぺ あよほー なまりかくしてっぺ
あよほー すぐにばれっちゃーべ あよほーあよほーあよほー

あよ 注意するなまり 言い回し でもかなり ぎこちなし
さらに語尾上がり なんかおかしー 下手なごまかし するのは虚しい
あよ 躊躇してばかり いくじなし これまさに 出口なし もう台無し
何しても効果なし あー悲しい話

あよ 無理すんなよ 意地はんなよ イントネーションすぐに直んねがら
あぎらめろよ 目開けろよ ほー 茨城魂呼び覚ませよ ほー
しゃーんめよ かまめ かまめよ はー かまごだあんめよ ほー
いがっぺよ あよ ごだごだ言わねで せーせどやっぺよ ほー

あよ クール気取って しゃべってたつもり でも話盛り上がり 語尾上がり 尻上がり いつの間に出るなまり そしてだんまり
あよ 気づいた時には もうあとのまつり やはり下手に隠しとおすなんて無理 実にがっがり 俺もこれで終わり?かっこわりー

あよ 受げ入れろよ 力抜げよ コミュニーションそんな困んねがら
ガード解げよ 喋っとげよ ほー 茨城魂開放せよ ほー
わぎゃんめよ なんちゃあんめよ はー気にしてらんめよ ほー
なまっぺよ あよ ごじゃごじゃ言わねで ごじゃっぺやっぺよ あよほー

おー おめはネイティブイバラキアン 茨城弁捨てたつもりだった男 でも魂まで捨てられなかった男
根っからのネイティブイバラキアン 茨城の地 一度は捨てた
しかし脈々と流れる茨城の血 感じずにいられなかった

そして目覚めた ふっきれた 受け入れた 茨城を 己自身を
それはむしろ誇り つまり悟り どこにいようと 俺は俺 自分なんだと
常にいるんだ 俺は俺の中に ぶれずに ずっとこの心の真ん中に・・・

茨城弁解説

あよ: ねえ

ほー: ほら

あよほー: ねえほら

かまめ: 構わないだろう

かまごだあんめ: 構うことないだろう

せーせど: 清々と

わぎゃんめ: わけないだろう

なんちゃあんめ: なんてことないだろう

ごじゃっぺ: いいかげん、バカ

その他の動画(PV)

イバラッパー「常総」: イバラキングの出身地である常総市のご当地ラップです。

イバラッパー「雨ニモマゲネ」: 宮沢賢治「雨ニモマケズ」の茨城弁ラップです。

イバラッパー「鹿行のテーマ」: 茨城県の東部「鹿行」エリアのご当地ラップです。