イバラッパー「雨ニモマゲネ」

amenimo

【お知らせ】 イバラッパーのファーストミニアルバム発売中

イバラッパーによるご当地ソング(ラップ)「いばうた」シリーズ。

これまで常総市鹿行地区をテーマとした曲を作ってきましたが、今回取り上げるのは宮沢賢治の不朽の名作「雨ニモマケズ」。誰もが一度は読んだことのある作品ですよね。

この「雨ニモマケズ」を茨城弁のラップにしてみました。もちろん歌詞は原文のままではなく、ちゃんと茨城弁訳してあります。

訳詞・作曲:イバラキング

【お知らせ】 イバラッパーのファーストミニアルバム発売中

歌詞

雨にも負げね 風にも負げね
雪(いぎ)にも 夏暑いのにも負げね

丈夫な身体 持ってで
欲はかがねで
けしておごんねで
いづもしつかに笑ってる

いぢんちに 玄米4合と 味噌と ちっとの 野菜食って
どんなごどでも自分を かんじょに入れねーで
よぐ 見で 聞いで わがって そんで忘れね

のっぱらの松林の陰のちっちぇー茅ぶぎの小屋さ居で
東にびょうぎのガギメいだら 行って 世話してやって
西にこわぐなったオッカいだら 行って その稲の束をぶって
南におっちにそうなシトいだら 行って おっかながんなくても
いがっぺっつって
北に喧嘩やゴダゴダあったら
ひゃぐもしねがらやんねほーがいいどっつって

全然雨ふんねとぎは泣いて
こっつぁみー夏はおろおろ歩って
みんなにでれすけってよばれで
褒めらんねーげど やがられもしねーで

そーい人に・・・俺は なりてどな

雨にも負げね 風にも負げね
雪(いぎ)にも 夏暑いのにも負げね (※くりかえし)

「雨ニモマケズ」  茨城弁朗読

↓こちらは茨城弁の朗読版です。「茨城弁名作劇場」シリーズです。

その他の作品

イバラッパー「常総」

イバラッパー「鹿行のテーマ」