なんちゃかんげねえ

今回はかなり上級者向けの茨城弁です。これがすぐにわかる方は結構レベル高いですよ(笑)。

いきなり本題から入ると難しいので、まずは簡単なところから・・・
みなさん「なんちゃない」という言葉をご存知でしょうか?
直訳すると「なんてことない」という意味ですね。
実際は「たいしたことない」「どうってことない」という感じで使用します。

実は私、ずっと標準語だと思ってたんですけど、Googleで「なんちゃない」と検索しても2000件くらいしか出てきません。・・・ということは、茨城弁でしょうか(汗)。茨城弁だと断定できないまでも、標準語ではないみたいですね。

まあ「なんちゃない」がわかってしまえば「なんちゃかんげねえ」もなんちゃないです(笑)。この「なんちゃない」の間に「かんげ」を入れればいいだけですので。

なんちゃ+かんげ+ねえ(ない)=なんちゃかんげねえ・・・ですね。

ところで「かんげ」とは何かといいますと「考え(かんがえ)」のことなんですね。
ということで、「なんちゃかんげねえ」は「たいした考えも持っていない」という意味になります。

例) やぁろでれすけだがら、どうせなんちゃかんげあんめ!

訳) あいつどうしようもないヤツだから、どうせ何も考えてないよ!

一見難しそうにみえる茨城弁も一つ一つ単語に分解して考えてみると意外とわかりやすいかも・・・というお話でした。