ホタルめっけ!

昨夜、うちの庭から徒歩10歩のところで小さな光る物体を発見。
あ、あれは・・・ま、まさか!ホタルでは??

いや、絶対にホタルです。
1匹だけですが、あの緑色の光はホタル以外に考えられません。
捕まえてみたいなと思っていたら、なんとホタルの方から寄ってくるではありませんか。
すかさず手を伸ばしたら、ホタルは吸い寄せられるように私の手のひらへ・・・

こりぁ「ハンドパワー」だっぺ!(笑)
まぁ、ただの偶然なんでしょうけど、それにしては出来過ぎじゃないですか。
こちらの意志が通じたとしか思えない出来事に自分でもびっくりしました。

いやぁ、ホタルってまだいるんですね。
実はこの時期に見たのは生まれて初めてなんですよ。
しかも、うちから徒歩10歩のところですよ(10分じゃありません)。
ただし、10歩も歩けば、そこは「田んぼ」なんですけどね(笑)。

夏休み頃になると、うちの庭にまで飛んでくるほどで、とても身近な存在だったホタル。
それこそ、そこらじゅうにホタルが舞っていて、いとも簡単に捕まえることができたのです。
祖母と一緒に「♪ほ、ほ、ほーたる来い。あっちの水はにーがいぞ。こっちの水はあーまいぞ」と歌いながらホタル捕りを楽しんだことが今でも強く印象に残っています。

しかし、農薬等による水質の悪化が原因でしょうか。
ホタルを見かけることは少なくなり、いつしか「珍しい存在」になっていました。
それが、偶然この時期に出会えるなんてラッキーとしかいいようがありません。

捕まえたホタルはビニール袋に入れ、部屋を暗くして、ちょっとした観賞会を楽しみました。
ただ、かなりのレアものでしょうから、すぐに逃がしてあげることにしました。

あぁ、やっぱり写真の1枚でも撮っておけばよかったですね。
あの感動を忘れないうちに伝えようとこうしてブログに書いてはみたものの、画像がないとかな~り物足りないです。
デジカメを出すのも面倒だったし、かといって、私の携帯は5年以上前のムーバなのでカメラが付いてないのですよ(苦笑)。

ま、しゃーんめ。また会えっぺな。
今年の夏は童心に返ってまたホタルを探してみたいです。

PS:
そういえばホタルの幼虫ってエサとなるカワニナ(貝)がいないとダメだって聞いたことがありますが、うちの周りの田んぼではカワニナなんて見たことがありません。
貝といえばタニシくらいです。
ということは、カワニナがいなくてもタニシさえいればOKなんですかね?