イバラキングという名のメロン

本日(15日)の茨城新聞を読んで驚かれた方もいらっしゃるでしょう。
茨城県が新しい品種のメロンを開発し、その名前が「イバラキング」になりました。

melon

県のほうからは数ヶ月前にイバラキングという名前にしたいというお話がありまして、正直最初はどんなもんかなぁ?と思ったのですが、担当者の方に話を伺ってみると、橋本知事がイバラキングという名前を大変気に入っており、茨城王(イバラキング)というホームページを運営している青木君という人がいるから一度相談に行くようにと知事から直接指示があったそうです。(もちろん知事とは何度も会っていて面識があります)
茨城はメロンの生産が日本一の県であるにもかかわらず、ブランド力が低いために、他県はおろか、県内でもその事実はあまり知られていません。そこで、新しい品種には生産量日本一の茨城を代表するメロンという意味で、イバラキングという名前がぴったりだという話になったそうです。
私としましては自分が直接関与できないところでイバラキングという名前が使われることに不安はありましたが、逆にこういうのはこちらからお願いして実現できるようなお話ではないですし、むしろ肯定的にとらえて私も積極的にPRした方がいいんじゃないかなという結論に達しました。茨城をPRすることが私のライフワークですし、うちはメロンは作っていませんが、一応私も農家の息子ですので、茨城の農業に多少なりとも貢献できればと。

で、このメロン、どこで買えるかといいますと、今年はまだ試験販売の段階でして、ほとんど市場には出ていないんですよ。本格的な販売は来年以降になるそうです。
私もまだ食べてませんが、県から送られてくるのを勝手に期待しています(笑)。

それと、5月24日(日)朝6:15~の「おはよう茨城」でも紹介される予定です。詳しい情報がわかるかもしれませんので、ぜひチェックしてみてください。ちなみに私は毎回HDDに録画してチェックしています(笑)。

もしスーパーなどで見かけたらかなりのレアものですから、即GETですよ~。
目撃情報や食べた感想などありましたら、ぜひ教えてください。