へろりんずのテーマ(仮称)

へろりんずのデビューと私の作詞活動については、前回のエントリーで紹介したとおりですが、みなさんからたくさんの好意的な感想をいただきました。

さらには、ごじゃラジリスナーのらむてがさんをはじめ、さっそく曲を作ってくださった方も何名かいらっしゃいまして、予想以上の反応に驚きを隠せません。

そんなみなさんに触発されて、私の方も期待に応えるべく、2曲目の歌詞を作ってみましたので、お知らせいたします。

へろりんずのテーマ(仮称)

作詞:イバラキング 作曲:誰かお願い 唄:へろりんず

今回はアンサーソング形式ではありませんが、「ピピルマ ピピルマ プリリンパ」のフレーズで有名な、ミンキーモモのEDテーマ「ミンキーステッキ・ドリミンパ」にインスパイアされたものです(笑)。

※1

年がら年中  ヘロリンパ

飲んだら悪ノリ エロリンパ

飲みすぎちゃったら ゲロリンパ

ほら 結局自爆の アァ~ テロリンパ

 

ゴールの手前で ツルリンパ

しあわせ逃げたよ スルリンパ

泣きたくなるヨネ ウルリンパ

でも 呑気に生きるよ イェ~ ユルリンパ

 

かなり へろへろすぎる この人生

いつからこんなに へろへろなのか

どうしてこんなに へろへろなのか

だって 気づいた時にゃ 超 ヘロリンパ

 

※1 くりかえし

 

だけど へろへろなのは私だけ?

いいえあなたも へろへろなのね

そうよ誰もが へろへろなのね

だから みんなで歌おう Yo ヘロリンパ

 

※1 くりかえし

曲の解説

今回はまず「ピピルマピピルマ・プリリンパ」の「プリリンパ」を「へろりんぱ」や「ゆるりんぱ」に変えたら面白いんじゃないかというのが曲の出発点となりました。

さらに、最後に「パ」で終わるように韻を踏んでいるので、これはラップ、またはラップ調の曲にもしやすいのでは?と思いました。

年がら年中  ヘロリンパ

飲んだら悪ノリ エロリンパ

飲みすぎちゃったら ゲロリンパ

ほら 結局自爆の アァ~ テロリンパ

最初のこの部分は「ヘロリンパ」からはじまり、全て「●ロリンパ」で統一しています。

年中へろへろなのでお酒を飲むとついハメを外してしまい、結局自爆してしまうという歌詞です。

のりぞうさんのパートを想定して、「悪ノリ」のところで「ノリ」を入れました。

ゴールの手前で ツルリンパ

しあわせ逃げたよ スルリンパ

泣きたくなるヨネ ウルリンパ

でも 呑気に生きるよ イェ~ ユルリンパ

次のこの部分は「ユルリンパ」を使いたかったので「●ルリンパ」になるように、歌詞を考えました。

最後は開き直って「ゆる~く生きる」という展開にするために、その前の部分をゴールの直前で幸せを逃がしてしまい、うるうる涙を流すという流れにしました。

こちらはヨネコさんパートを想定して「なるヨネ」のところで「ヨネ」を使っています。

※なお、誤解を招かぬよう念のため断っておきますが、このサビにあたる2つの部分は、へろりんずのお二人の言動とは直接関係するものではなく、あくまでも「へろりんず」というアイドルユニットの「イメージ戦略」の中から生まれたものですので、くれぐれもお間違いなく!

かなり へろへろすぎる この人生

いつからこんなに へろへろなのか

どうしてこんなに へろへろなのか

だって 気づいた時にゃ 超 ヘロリンパ

そして、1番の歌詞ですが、これは完全に「ミンキーステッキ・ドリミンパ」とは別に考えました。

いつからへろへろなのかわからないが、気づいた時にはへろへろだったという歌詞です。

だけど へろへろなのは私だけ?

いいえあなたも へろへろなのね

そうよ誰もが へろへろなのね

だから みんなで歌おう Yo ヘロリンパ

こちらは2番の歌詞で、自分はへろへろだけど、よくよく見てみたら実はあなたもみんなもへろへろで、社会全体がへろへろに疲れているという「忙しすぎるストレス社会」「慢性疲労にあえぐ現代社会」への警鐘の意味を込めています(笑)。

こちらも曲を募集しています

前回の「恋のラジオは84.2」と同様、こちらも曲を作ってくださる方を募集しています。

同じフレーズが延々ループするラップのほうが、作曲しやすいかなと思って作詞してみましたが、特にラップにこだわっているわけではありませんので、どんなジャンルでも結構です。

それと、サビの順番とか、歌詞の長さなどは曲に合わせて変更しても全然OKです。なんせ音楽の素人が作詞してるわけですし、あくまで歌詞の原案くらいに思ってもらえれば・・・。

さっそく作っちゃたよ!という方はこちらの送信フォーム、またはツイッター(@ibaraking)でご連絡ください。

なお、送信フォームにファイル添付機能はありませんので、音源を送っていただく際には、ファイル転送サービスなどを利用していただき、アップロード先のURLを記載していただく形でお願いいたします。


Tagged on: ,