生き物には「め」をつけっぺ

犬め猫め茨城弁では生き物の名前を呼ぶとき、語尾に「」をつけるという使い方があります。
例えば、犬はいぬめ、猫はねごめとなります。

また、これは哺乳類だけでなく爬虫類にも使用できます。
例えば、蝿はへえめはえめ、蚊はかんめかあめかめなどと言います。

例) かめに食われちったよ。

訳) 蚊に刺されちゃったよ。

注意) 亀に食われたわけではありません(笑)

また、人間に応用することも可能です。
子供=がぎめ、子供たち=がぎめら

例) このがぎめら! 火わすらなんかしてっとぷっとばすかんな!

訳) この悪ガキたち! 火遊びなんかしてるとぶん殴るぞ!

【こんなコメント大歓迎です】
↑に挙げた以外の~めを教えてください。たぶんたくさんありますよね。どのエリアで使っているかも必ず書いてくださいね。