歩ってく?歩いてく?


あるって

「あるって」・・・これは茨城県民が茨城弁だと気づかず使用している言葉の№1ではないでしょうか?

よく注意して聞いていれば気づくと思いますが、全く訛りのない人でも結構使っていますよね。茨城県民にとっては(布団や洗濯物を)こむ以上に標準語に聞こえる言葉といえるでしょう。

ちなみにこれが標準語でないと誰でもすぐにわかる方法があります。パソコンや携帯電話のメールなどで「あるって」と文字を入力して漢字に変換してみてください。たぶん「在るって」や「有るって」しか出てこないはずです。当然出てくるはずであろう「歩って」が出てこないという現実・・・泣。

ただし、他県で「あるって」と言っても「明らかな訛り」という感じはありませんので、気づかず使っていてもツッコまれることは少ないでしょうね。

逆に、茨城弁初心者の方にはぜひ使っていただきたい言葉です。「だっぺ」などは他県の人が言うと明らかにイントネーションが違っていて、何だかバカにされているような気持ちになってしまい意外と危険ですが(苦笑)、「あるって」は誰もがすぐに話せる茨城弁ですのでどんどん使いましょう!