第4回:北海道で茨城弁話してみっぺ

gojaz_logo1

1月30日(土)夜10:00~と31日(日)夜7:00~から放送の「イバラキングのごじゃっぺラジオZ」第4回の内容をお知らせします。

【茨城弁ワンポイントレッスン】

北海道で茨城弁話してみっぺ!・・・北海道でも意外と通じる茨城弁。共通の言葉をご紹介

【イバラキスト養成講座】

「お初」特集・・・茨城にはこんな日本初があった!うな丼、あんぱん、ラーメン、ワイナリー、ホームページ、原子炉、噴水、エレベーター。
えっ?日本初の噴水とエレベーターは偕楽園にあったの?というような話です。

追伸:↓いつもの脱線トークの中で私が勘違いした「ひみつのアッコちゃん」の歌はこちらです。

やっぱ終わりの歌の方がいいですね。超名曲です。
あの巨匠小林亜星が作曲。そして、歌うは水森亜土・・・亜土ちゃんです。

亜土ちゃんは2004年に「すきすきソングス」というアルバムも出していて、これがまた名盤なんですよ。プロデュースは小西康陽。元ピチカートファイブといえばわかるでしょうか。曲は子供向けが多いですが、R35世代の大人が聴くと「新鮮な懐かしさ」があっていいですよ。小西さんの仕事ですから、はっきりいっておしゃれです。
もちろん小さい子供に聴かせるのもありですね。一般的に、童謡とか子供向けのCDって大人が聴くといまいちなのが多いですよね。でも実は大人が聴いても遜色なくて、子供と一緒に聴けるCDってのもいくつか存在していまして、私は結構集めています。そういうCDを探してるパパママも多いんじゃないでしょうか。そんなのをいつか紹介できればと思います。