おっちぬまであっと

今回は~するまであるという言い回しについてです。
↑のタイトルはかなり上級者向けなので(笑)、まずは初心者向けに簡単な例を。

例) 用水の近くで遊んでっと落っこるまであっかんな

訳) 用水の近くで遊んでいると落ちちゃうかもしれないからね

なかなか訳が難しいんですが、~するまであるというのは~に至る可能性がある、~に至ることすらあるという意味で、上の例だと「落ちちゃうかもしれないから、そんなところで遊んではダメだよ」と注意を促している感じです。

上のタイトルの場合は「おっちぬ」という言葉がやや難解かもしれませんが、これは分解すると「お+死ぬ」で、死ぬという意味です。「お+●●」は、他に「おったまげる=驚く」や「おっぱじめる=始める」など、たくさんのパターンがありますので、かなり身近な言い方だと思います。

例) そんな荒っぽい運転してちゃ、おっちぬまであっと

訳) そんな荒っぽい運転してたら、いつか死んじゃうよ(=死に至る可能性だって十分あり得るよ)

一般的な日本語の「死ぬまである」の場合、例えば、「死ぬまで(お金)がある」などのように「~するまで~がある」という意味になりますが、これとは全く違った茨城ならではの使い方であることがご理解いただけましたでしょうか?