だっぺは基本中の基本だっぺ

茨城弁の特徴として真っ先に挙げられるのが語尾につくだっぺですね。ヤンキースの井川投手が阪神時代に呼ばれていたあだ名が「だっぺ」だったというのはよく知られています(笑)。まあそれくらいだっぺというのは他県の人にとってもメジャーな茨城弁だということでしょうね。

例) おめぇ生まれもそだぢも茨城だっぺ

訳) あなた生まれも育ちも茨城でしょ

 このだっぺに似た言葉として茨城では他に「だべ」「だんべ」「だへ」なども使用されます。ただし、「だべ」は茨城限定というわけではなく、関東方言として神奈川などでも使われています。横浜で地元の若者が「そうだべー」と言っているのを聞いたときのあの違和感は今でも忘れません(笑)。

 一方、だへはレアな言い回しで主に県西地区で使われています。相手に同意を促すときに「でしょ、でしょ、でしょ」や「だろ、だろ、だろ」と同じ言葉を連発することがありますが、もちろんだへも「だへだへだへ」と連発して使用することが可能です(上級者向け)。

【こんなコメント大歓迎です】
だっぺ、だべ、だんべ、だへ以外の同義語
だへの使用エリア