茨城弁で名セリフ マンガ・アニメ編

前回のエントリー【茨城動戦士ガンダム 名言集】に続く第2弾です。

いろいろなマンガ・アニメの名言や有名なフレーズを茨城弁に訳してみました。

なお、作品タイトルも茨城っぽくしています。

ドラマ・映画編も作りました。

Contents

フランダースのいぬめ

「犬め」になっているところがポイントです(笑)

ネロ 「パドラッス はー 俺こわぐなっちったよ」

最終回の感動的なシーンですね。ネロが死ぬ間際に言った言葉。「こわい」は茨城弁で「疲れた」「しんどい」

筑波の少女ハイジ

ハエジ 「クララが・・・ クララが おっ立ってっと!」

車椅子の少女クララが自分の足で立った瞬間のハイジの言葉

ルパン三世 いばらの城

銭形警部 「あんにゃろはとんでもねーもん がめでっちった。それはおめの心だっぺ」

クラリスの「あの方は何も盗らなかったわ」という発言に対して、銭形が放った名言。

あっぱとっぱンマン

「あっぱとっぱ」とは茨城弁で「あたふた」という意味。

アンパンマン 「顔が汚れちって力出ねぇ」

アンパンマン 「顔が濡れちって力出ねぇ」

アンパンマン 「顔がおっちゃぶれて力出ねぇ」

顔が濡れたり、つぶれたりすると途端に弱ってしまうアンパンマン。他に「ぷっちゃぶれて」「ぶっつぶれて」「ちゃぶれて」なども使用可能。

アンパンマン 「ぼぐの顔 よばれで」

お腹を空かしている子に自分の顔を食べさせるアンパンマン。

ほーくっとの拳

「ほーくっと」とは、茨城弁で「ほら来るよ」という意味。

ケンシロウ 「おまいは はー おっちんでる」

いつもの決まり文句ですね。お前はもう死んでいる。

ケンシロウ 「あよ… きったね手で俺にさわんじゃねーよ」

ジャッカルの部下に対して言ったクールな名セリフ。

トギ 「それは野望じゃあんめ。愛だっぺ、ラオウ」

拳王ラオウが「ユリアもまたおれの野望のひとつ!!」と打ち明けたことに対して。

ラオウ 「きかね。きかねんだよ、トギ。 ・・・涙」

弟トキとの戦いで。病に侵されているトキには往年の力は残っておらず・・・

レイ 「おめらの血は何色で?」

幼い子にまで手を出した敵に対して、怒りの一言。

レイは、南斗水鳥拳の使い手。敵を切り裂くときに発する奇声が特徴で、当時子どもの間ではケンシロウの「アタタタタ・・・」と並び、レイの「うーーーーー、ショウ!」という掛け声が流行った。ショウではなくシャオ?ヒョウ?ヒャオ?・・・とにかく特徴的だった(笑)

シュウ 「んだげど、心の目はひらいてっかんね」

シュウは、足技を武器とする南斗白鷺拳の使い手で、盲目の戦士。目は見えないけど、心の目は開いているという名言。

サウザー「愛なんちゃ いんね!」

南斗六聖拳最強といわれる南斗鳳凰拳の使い手サウザー。師匠から目隠しして敵と戦うように言われた少年時代のサウザーは、その敵を破ったが、実はその正体が師匠で、師を手にかけてしまったことへの苦悩から・・・

「こんなに苦しいのならば悲しいのならば愛などいらぬ」

サウザー 「退かね!媚びね!省みね!」

ケンシロウに心臓と秘孔の位置が一般人とは表裏逆であることを見破られ、絶体絶命のピンチでも強がってみせる聖帝サウザー

ジュウザ 「やっぱし この命 うっちゃんなくっちゃおいね」

腹部をかすっただけに見えたラオウの攻撃が自分の予想以上であったことから、命を捨てて臨まねばならぬと覚悟を決める。「やはり この命 捨てねばなるまい」

南斗五車星、雲のジュウザ。我流で無型、トリッキーな動きを持ち味とし、性格も自由奔放。

イバラキン肉マン

キン肉マン 「屁のつっぱりはいんないですよ」

キン肉マン、お決まりの口グセ。

ジェロニモ 「ほんだってオラぁ人間だがら(涙)」

インディアン(ネイティブ・アメリカン)をモチーフにした超人ジェロニモ。得意技である「アパッチのおたけび」は「「ウラララララーーー」と大声で叫ぶことで、音の衝撃波を生み出しダメージを与える技(笑)。

悪魔六騎士サンシャインとの戦いでのカミングアウト発言。実は超人ではなく人間だった!

ウォーズマン「だ…誰がオレの顔見で笑ってねーげ?」

ロビンマスク「誰もわらってねーべよ!」

ウォーズマン「い、いがった」

ロビンマスク「俺が笑わすわげあんめ!」

夢の超人タッグ編で、ネプチューンマンにマスクをはぎ取られた後のウォーズマンと師匠であるロビンマスクとの会話。

イバラキャプテン翼

翼 「ボールは友達だっぺ。おっかなぐあんめよ」

キャプテン翼の名言といえばこれでしょう。「ボールは友達。こわくないよ」

メドラゴンボール

メドは茨城弁で「穴」のことです。

悟空 「しゃあんめ。約束しちったんだがら。んじゃ、結婚すっぺ。」

悟空のチチへのプロポーズの言葉。

悟空 「オラに元気をわげでくれっか」

悟空が元気玉を作るときのセリフ。

手わすらムダンク

手わすら」とは手遊びのことで、授業中などに手を膝の上に乗せず、何かをいじくったりしている状況をいう。他に「わすら」では、火わすら、水わすら、土わすらなどが使われる。

安西監督 「あぎらめちったら、そごで試合終了だかんね」

安西先生が放った名言。スラムダンクの中でも有名な言葉。

聖闘士星矢(せえんとせえや)

聖矢 「おめは自分の体んながに宇宙を感じたことあっけ」

聖矢の反撃にたじろぐカシオスに対して。

メドラゴン桜

「がぎめをごじゃっぺ呼ばわりすんのは、親である自分自身をごじゃっぺと告白してんのと同じだかんね」

保護者説明会で子どもをバカ扱いする親に対して。

「でれすけとでっこじゃれこそ東大さ行げ」

「バカとブスこそ東大へ行け」という有名なフレーズ。「でっこじゃれ」は不格好・不細工という意味の茨城弁。