【募集】なまってる地名「なまっ地名」を募集します

なまっ地名今回の募集はズバリ「なまってる地名」です。

茨城県内の地名で、正式な読み地元の人の実際の発音が微妙に異なる地名ってないですか?

例えば、一番有名なのが「土浦」です。正式な読みは「つちうら」ですが、実際には「つちゅーら」、さらになまってると「ちちゅーら」という発音になるかと思います。人によっては「つぢゅーら」「ちぢゅーら」なんてのもありますね。

このように正式な読みと実際の発音が微妙に異なる地名を、なまっている地名という意味から「なまっ地名」と名付けることにします。

水戸を「みど」と言ったり、荒川沖を「あらがーおぎ」、下妻を「しもづま」というのも「なまっ地名」といえます。

どちらかといいますと、上記のような有名どころよりも、もっともっとマニアックな地名を教えていただきたいです。

なまっ地名の例

  1. 長高野(つくば市):正式には「おさごうや」だが、地元では「おさごや
  2. 菅谷(八千代町):正式には「すげのや」だが、地元では「すぎのや
  3. 随分附(笠間市):有名な難読地名で、正式には「なむさんづけ」だが、地元では「なむさんつけ
  4. 原宿(常総市):正式には「はらじゅく」だが、地元石下では100%「はらちく
  5. 五浦(北茨城市):正式には「いつうら」だと思っていましたが、「いづら」の方が正式になっています。地元では「いつうら」という認識で、「いつうら」と発音しているつもりが、実際の人には「いづら」と聞こえるので、「なまっ地名」が正式名になってしまったという例ですね。

「なまっ地名」を教えてください

あなたの知っている「なまっ地名」をぜひ教えてください。投稿方法は、2つあります。

(1)ツイッターで茨城王(@ibaraking)宛てに【なまっ地名】という文字を入れてつぶやく

もしくは・・・

(2)このブログ記事にコメントしてください。

いただいた地名は『イバラキングのごじゃっぺラジオZ』で紹介させていただきます。

もしかしたら、茨城王の新作本で紹介させていただくかもしれません(まだ未定ですが)。

みなさんからのたくさんの投稿をお待ちしております!