茨城県民のためのごじゃっぺツイッター講座

震災を機にツイッターを始められた方って多いですよね。

大手メディアがカバーしきれないローカルな情報や流れにくい情報がツイッターにガンガン流れたことで、情報収集ツールとしての価値が一気に認められた感じがします。

ただ、「情報を収集する」という枠から一歩飛び出してみると、その自由さゆえの「わからなさ」に困惑する人も多いようです。

つまり、ツイッターをコミュニケーション情報発信のために使おうとしたときに、何をやっていいのかよくわかんないですよ(苦笑)。実は私もそうだったんですが。

最初はとりあえず有名人を手当たり次第フォローしてみたりなんかして、だからといって何が変わるわけでもなく、だんだんいてもたってもいられなくり、勇気を出して有名人に対してつぶやいてみるも、案の定反応がない・・・なんてことをやってるうちに、ひしひしと孤独感が漂うようになってくるんですね(苦笑)。

こんなにたくさんの人がいるのに、何で俺は一人なんだ~!みたいな、東京生活に疲れた元茨城県民みたいな心境におちいり、人知れずツイッターから去っていく人が後を絶ちません(いや、ほんとに)。

というわけで、余計なお世話と知りつつも、ぜひ多くの方にツイッターを楽しんでいただきたく、私なりのツイッターの楽しみ方を伝授させていただいちゃおっかなぁ・・・なって思ったりするわけなんですが、まあちょっとヒマだから読んでやってもいいよという方はお付き合いくださいね(笑)。

題して「茨城県民のためのごじゃっぺツイッター講座」です。

茨城県民のためのごじゃっぺツイッター講座

まあ、ツイッターの楽しみ方といっても、それはもういろいろありますし、調べる気になりさえすればいくらでも情報は転がっていますので、ここは「対象」と「目的」を明確にしておきたいと思います。

このツイッター講座は、対象を茨城県民のみに限定し、茨城県民同士がつながることを目的とします。

ここでいう茨城県民とは、昔から茨城に住んでいる「ネイティブ・イバラキアン」はもとより、最近茨城に引っ越されてきた方や茨城出身で他県(他国)に住んでいる方を含みます。つまり、対象は茨城に関わりのあるすべての方です。

まあ、「ごじゃっぺ」とあるように、あくまでも茨城王のいいかげんな主観に基づいてかかれていますので(笑)、その効果のほどはまったく保証できませんが、これも一つのやり方だと軽い気持ちで流し読みしてもらえればと思います(その割にはボリューム満点ですが)。

まずはフォローしてみっか

もしあなたがすでにブログ(ホームページ)を運営していて、そこそこアクセスがある場合、ブログをがんばるのがとりあえず手っ取り早いです。ブログでツイッターをやっていることをPRして、ブログの更新情報をツイッターに流すという両面作戦を今すぐ展開しちゃってくださいませ。あなたにはかなりのアドバンテージがあります。

でも、そういう人はこんなごじゃっぺな記事は読まないでしょうから(笑)、ブログをやっていない、またはやっていても全くアクセスがないという前提で話を進めていきますね。

とりあえずあなたがやるのは誰かをフォローすることです。最終的には、フォローするよりも、フォローされることの方が大事なのはいうまでもありませんが、相手にフォローしてもらうには自分からフォローするのが、とりあえず一番手っ取り早いということで。ギブ・アンド・テイクの精神です。

じゃあ誰をフォローすればいいんでしょうか?

目的は茨城県民同志でつながることですから、芸能人とかをフォローしても意味ないです。

茨城県民をフォローしましょう。

茨城県民を探してみっぺ

じゃあどうやって茨城県民を探せばいいでしょうか?

1)とりあえずググってみますか?

ツイッターのつぶやきを検索するには、ツイッターの検索やグーグルのリアルタイム検索というのがあります。

ここで「茨城」というキーワードを入れて検索したり、またはハッシュタグ「#ibaraki」なんていうキーワードで検索することもできますが、震災関連のニュースなんかが結構引っかかってしまって、必ずしも茨城県民が見つかるわけではありませんね。

2)都道府県別ユーザーを調べてみる

他には、都道府県別のユーザーを調べられる「まちツイ」なんていうサービスもあります。

これの茨城県を見てみると、茨城県民の上位300人が表示されます。→茨城県Twitterランキング

じゃあ、これらの人々を片っ端からフォローすればよいかといいますと、答えはノーです。

理由は、私が書くとカドが立つので(笑)、↓のブログを参考にしていただければと思います。

参考:なぜTwitterで何万人にフォローされていても一万人以上フォローしている人は カッコ悪い人なのか?

ちなみに「まちツイ」は市町村別のユーザーも探せるのですが、プロフィールの位置情報に「茨城」と入れている人はいても、市町村名まで入れている人はそれほど多くないようです。

一番多いつくば市は2406人、2番目に多い水戸市は1370人いますが、だいたい数百人から数十人レベルです。一番少ない市町村はなんと11人しかいません(汗)。ですので、あんまり使えません。

3)人をたどるのがベスト

実は(1)と(2)はただの前フリで(笑)、この(3)が重要です。

だったら最初から書けよ…と言われそうですが、そういうやり方も知識として知っておいた方がよいかと思いまして。

で、茨城県民とつながるにはどうすればいいかといいますと、面白い茨城県民を一人見つけて、その人を起点にして人脈(フォローやリスト、タイムライン)を辿っていくのです。

その「起点となる人」は、次の2つのポイントを押さえていれば、基本的には誰をフォローしていただいても構いません。もし見つからないという人は・・・・とりあえず茨城王(@ibaraking)で(笑)。

  1. その人があなたの興味のある内容をつぶやいているか
  2. フォロー数、フォロワー数がそれなりにあるか
    ※ただし、さきほどの参考リンクの理由からフォロー数が多すぎる人には、念のため注意してください。

会話に参加すっぺ

1)「起点となる人」をフォローする

「起点となる人」を見つけたら、まずその人をフォローしてください。

そのときに、「はじめまして!」などという挨拶はしなくてOKです(むしろ、しないほうがいいです)。

2)「起点となる人」にリツイートする

次に、その人のつぶやきで興味のある内容があれば、リツイート(非公式RT) します。

私は非公式RTを好んで使っていまして、これは「自分のツイート RT ユーザー名 元ツイート」という形式のものです。

複数の人とやり取りしたり、そのやり取り自体を第3者に見せるためのはこれが一番です。逆に、1対1のやりとりが前提ならリプライ(@返信)を使う方がいいです。

他に、「公式RT(リツイート)」というのもありますが、情報を拡散させる際にはこれがベストです。しかし、自分のコメントを付加できませんので、コミュニケーションを取るのが目的の場合はまったく意味がありません。

※リプライ(@返信)、公式RT、非公式RTの使い方にについて

  • リプライ(@返信)、公式RT、非公式RTにはそれぞれメリット・デメリットがありますので、目的に応じて3つを使い分けることをおすすめします。
  • ツイッターの使い方自体を説明するのがこの講座の目的ではありませんので、そのへんはぜひご自分で調べてみてくださいね。

3)他の会話に加わる

さらに、「起点となる人」というのは、基本的に一人でつぶやき続けたり、1対1のやりとりのみをしている人ではないはずで(そうでないと、起点になりませんし)、複数の方と同時にやりとりして場合も多いかと思います。

そのやりとりの流れにあなたも入っていきましょう。

この場合も、基本は非公式RTですが、複数の人が非公式RTを繰り返すと元ツイートが途切れますので、場合によってはやり方を工夫する必要も出てきます。他のユーザーの方々のやり方を参考に自分なりの方法を考えましょう。

なお、リツイートする場合は、必ずフォローをしてからのほうがいいです。そのほうが、相手にもフォローしてもらいやすいからです。

4)繰り返す

これを続ける中で、また新たに「起点となる人」が見つかったら、同じことを繰り返せばOKです。ツイッターの世界で孤独を感じることが徐々に少なくなっていくはずです。

もっと手っ取り早くつながりたい人は…

「起点となる人」が、あなたの興味のあることをタイミングよくつぶやいてくれればいいのですが、なかなかそういうチャンスを待ってられない場合は、会話を交わす前に、その周囲の人もとりあえずフォローしてしまうという手があります。

ここでいう周囲の人とは、「起点となる人」がフォローしている人「起点となる人」が作成したリストに載っている人です。

例えば、わたくし、茨城王の場合、フォローしている300人くらいの人は、過去にやりとりをした方がほとんどです。ですので、茨城県民とつながりたい人にとっては、かなり精度の高い名簿になっていると思います。

茨城王がフォローしている人

これらの中から興味のある人をフォローして、後はタイムライン上に興味のある話題が流れてきたら、リツイートしていけばOKです。

一工夫するだけでフォロワーが増えるかも!?

上記のやり方を実行して、特に問題発言をしているわけでもないのに、茨城県民とのつながりができず、相変わらずネットの中の孤独を味わっている方、あなたには何かが欠けているのかもしれません。

いや、別に、性格に問題があるとか、そういうことを言っているわけではありませんよ(汗)。

ちょっとしたひと手間が足らないなんてことはないですか?

茨城県民のフォロワーを増やすために、とりあえずやっていただきたいことは2つです。

↓この2つは最初に設定するだけで、あとは「うっちゃって」おいてOKですから、めんどくさがらずにやりましょう。

  1. プロフィールをちゃんと書く
  2. アイコンを変更する

プロフィールはかなり大切です

プロフィールに何にも書いてない人がいますよね。こういう人にフォローされても、誰だかわからなくて気味が悪いので、私だったらフォローしません。

もちろん情報を入手するだけならプロフィールなんていりません。

でもここでの目的は「茨城県民とつながる」ことです。それなのにプロフィールの位置情報に「茨城」と入ってないのはマズイですね。

水戸市民やつくば市民とつながりたいというのであれば、水戸やつくばと入れてもいいですね。

でも、英語でIBARAKIやMITOはいまいち目的がわかりませんね。もし外国の方とつながりたいのであれば、JAPANの方がいいと思います。

あとは、自己紹介はガッツリ書いちゃってください。160文字まで入れられます。趣味や関心事など、あなたがつながりたいテーマ・分野について書いてあるといいですね。

↓ちなみに茨城王のプロフィールはこんな感じです。

Webサイト『茨城王(イバラキング)』を運営しています。ラヂオつくばにて『イバラキングのごじゃっぺラジオZ』放送中。常総ふるさと大使。主な著書は『いばらぎじゃなくていばらき』

アイコンも結構重要です

あと、意外とないがしろにされているのがアイコンですね。初期のままにしている人ははっきりいって「でれすけ」です(笑)。面倒でも何かに変えた方が良いですね。

最強なのは、いうまでもなく顔写真です。でも抵抗がある方も多いですよね。小さめの写真や似顔絵にしてもいいんですが、それも無理なら無理でいいと思います。

じゃあ、それに代わるものとして何がいいかといいますと、他の人と被らないものがいいですね。他と似ていなければ似ていないほど良いです。

あとは、小さくしてもわかるものがいいです。サイズが48×48pxでも、それが何なのかはっきりわかるものにしてください。

目立たせようと、動いているアイコンを使う人がいますが、あれはダメですよ。ウザがられます(笑)。

ちなみに私は「茨城王」のロゴマーク(筑波山)を使っています。これは私の顔写真よりも茨城王のロゴのほうが認知度が高いからです。

こういうケースを除けば、顔写真がやっぱり最強でしょう。

 

良い子のみんなはマネしないで!

ほんとはやらない方がいいのに、最初はわからずやってしまいがちなことってありますね。

参考までにいくつか挙げておきます。

1)リツイートに独り言を書く

例えば、「茨城では連休中に田植えするところが多いです」というツイートに対して・・・

こちらではすでに田植え本番ですよ。」・・・こういうリツイートは普通ですね。

それを「こちらではすでに田植え本番を迎えている」・・・こうリツイートしちゃう人がいます。

これって独り言ですよね(笑)。このようにリツイートされても相手は絡みにくいので、会話調にしたほうがよいと思います。

特に偉い人(偉かった人)がやりがちです。

※追記:相手とつながるのが目的ではなく、相手のツイートを引用して独り言をつぶやくのが目的の場合は、もちろんこの限りではありません。

2)140文字ぎりぎりまでつぶやく

えっ、ツイッターって140文字までつぶやけるんじゃないんですか?

・・・もちろんつぶやけますし、つぶやいてもいいのですが、「茨城県民とつながる」という観点からはおすすめできません。

なぜなら、非公式RTをされた時に文章の後半が途切れてしまうからです。

ですので、ツイートする際はなるべく簡潔にムダを省くことを心がけましょう。

また、どうしても長文になってしまう場合は、重要なことは最初に書く方がいいです。それならば、途切れることがありませんから。

それと、なるべく一回のつぶやきで一つの要件にした方がよいです。

3)頻繁に「拡散希望」や「お願い」をする

ツイッターの隠語で、お願いします!広めてください!拡散希望です!というツイートばかりする人を「拡さん」というそうです。他に、誰彼かまわずどんどんフォローする人を「助さん」といい、DMを送るつもりが間違ってうっかりツイートしてしまう人を「八兵衛」といいます。もちろん全部ウソです(笑)。

拡散希望」というのは、重要な要件や緊急を要する場合以外はなるべくしないほうがいいと思います。

4)むやみやたらと公式RTする

自分の興味のあることはなんでもかんでも公式RTする方もいますが、これもほどほどにしましょう。

場合によっては相手のTLがあなたの公式RTばかりで埋まってしまうことになりますので、ご注意ください。

あこがれ(?)の茨城弁デビュー(笑)

茨城県民たるもの、一度は茨城弁でつぶやいてみたいですね。

とはいえ、一人でひたすら茨城弁をつぶやくのも、なかなか寂しいものがあります(笑)。

茨城弁というのは書き言葉ではなく、話し言葉ですから、どうせ茨城弁をつぶやくなら誰かと会話したいですよね。

しかし、いざ相手を探すとなると、これが結構難しいです。茨城県民だからといって、必ずしも茨城弁ユーザーとは限らないからです。

そんなときは、茨城王のツイートに乗っかってもらうか、過去に茨城王と茨城弁でやりとりした方を狙ってツイートしていただくのが一番確実かと思います。

なお、茨城弁でツイートしている人に、茨城弁のタメ口で話しかけるのは、なんら失礼にあたりません。

茨城弁のツイートは語尾が重要です。その肝心な語尾に敬語を使うと、茨城弁としてのパンチがなくなってしまいます。ここは堂々とタメ口でつぶやきましょう(笑)。

元々、茨城弁での会話は敬語をほとんど使いませんので、茨城弁のツイートなら、初めての相手でも敬語ナシでOKです。

さあ、みなさんも勇気を出して茨城弁デビューしましょう!

茨城県民のフォロワーが50名を超え、うち、茨城弁でツイートし合える人が10名くらいになれば、だいぶツイッターの世界も様変わりしていることでしょうね。

いくらつぶやいても誰からもリツイートがこないと嘆いているあなた。あきらめるのはまだ早いです!

このごじゃっぺツイッター講座を参考にして、ぜひ茨城県民とつながってください。あなたの幸運を祈っています。

↓さらに次のステップを目指したい方のために、【応用編】も書いてみました。

付録・・・【応用編】みんなで実況中継してみっぺ

ツイッターの使い方の一つに、テレビを見ながら、内容について実況中継したり、感想をつぶやくというのがありますね。

これをぜひラジオを聴きながらやってみましょう!

もちろん聴いていただくラジオは「イバラキングのごじゃっぺラジオZ」。茨城王の番組です(笑)。

この番組、おもに茨城弁や茨城のローカル情報をお送りしていますが、基本的に茨城以外の話題が出てきませんので、茨城県民がツイッターでつぶやくにはうってつけの番組となっています。

しかも、ラジオはネット配信していますので、ネットに接続しているPCでラジオを聴きながらツイッターをすることが可能です。

つぶやくときは、最後に「#gojaradi」というハッシュタグを付けてみてください。#の前には半角スペースを入れる必要があります。

これを付けていただくと、発言がグループ化が可能になり、同じハッシュタグを付けたものだけを検索することができるようになります。

#gojaradiがついているツイートはごじゃっぺラジオの内容に関するものであるという意味になり、同じハッシュタグをつけてつぶやいている人同士でやりとりをしながら、番組を聴くと、1時間の番組があっという間に終わってしまう感覚です。

前日見たドラマの内容が、翌日学校で話題になるという…あの感覚に近く(笑)、タイムラグがないぶん、むしろこちらの方が盛り上がるはずです。

私もなるべくツイッターに参加するようにしていますので、直接感想をつぶやいてもらってもOKです。

ちなみにラジオは土曜日の夜10時から。再放送が日曜日の夜7時からとなります。つぶやいている人は土曜日の方が多いです。

イバラキングのごじゃっぺラジオZ

また、ごじゃっぺラジオでは、現在「ごじゃっぺ回文」なるものをツイッターで募集しています。茨城弁でつぶやいてみたい方はぜひこちらにも参加してみてください。

【募集】ごじゃっぺ回文を募集します