谷田は浜田の先だっぺ

↑のタイトルは水戸の一部で使用されているというなかなかレアな慣用句です。
使用方法は、子供が「やだ、やだー」などと駄々をこねているときなどにすかさず「谷田は浜田の先だっぺ」とツッコミを入れるというもの。
この慣用句を使うエリアと谷田(谷田町)の間に浜田(浜田町)があるんでしょうね。

子供が「やだ、やだ」と駄々をこねたときに使用できる慣用句は県南にも存在します。

やだら谷田部さ、婿(もご)にいげ

そんなに嫌なら谷田部(つくば市)に婿に行ってしまえという意味です。
上の例と同じように「やだ」と谷田部の「谷田」をかけているのですね。
(女性バージョンで嫁にいげというのもあるそうです)

また、似たような慣用句としては次のような言葉があります。

井出は小栗の先だっぺ」・・・旧岩瀬町本郷バージョン(現在の桜川市)
井出は門井の先だっぺ」・・・旧協和町南部バージョン(現在の筑西市)

井出これは叩かれたり、ぶつかったりしたときなどに発せられる「いでっ(痛い)」という言葉に対して、ツッコミを入れるものなんですが、エリアによって地名が変わるのが面白いですね。

このような慣用句は県内にまだまだたくさん存在していることと思います。地域の特色が出ていて非常に面白いので、もっともっと収集したいのですが、なかなか集まらないんですよねぇ。
みなさんの地域でこのような慣用句が使われている例がありましたらぜひともコメントください。お待ちしています!