イバラッパーが坂東市農業PR動画「農業はじめんなら坂東」に曲提供。新宿アルタビジョンでも放映

昨年度、坂東市ムービーコンテストにおいてイバラッパー「坂東」が優秀賞を受賞したことは、以前このサイトでもお伝えしましたが、今年は坂東市から動画制作のオファーをいただきまして、曲提供という形で参加させていただきました。

2017坂東市ムービーコンテストでイバラッパー「坂東」が優秀賞に

制作の経緯

今回の動画の制作テーマは「坂東市の農業PR」。しかも、学生や20代に向けた作品を作ってほしいということでした。

私イバラッパーとしましては、動画づくりそのものはこれといったスキルもないため、当初は動画部分だけ外注しようと考えていたのですが、同じコンテスト受賞者で高校生の静谷真人さんが映像面の制作を請け負ってくださる形になりました。

そういうわけで、イバラッパーは音楽担当、静谷さんが映像担当と、完全分業でコラボ作品を作らせていただきました。

コラボを受けてくださった静谷さんと指導をしてくださった撮影担当の野口先生に感謝です!!ありがとうございました。

農業はじめんなら坂東

今回の動画は、「学生や20代の若者」に、「坂東市の農業をPRする」というかなり絞り込まれたテーマになっています。

若者向けだからオシャレでかっこよく若者ウケを狙って・・・というのは、私はあまり考えておらず(笑)、そのあたりは映像担当の静谷さんの感性に完全にお任せして、私がやるべきことは動画に「引っかかり」を作ることだと考えました。(もちろんトラックはかっこいいのを意識しましたよ)

動画を見て「キレイだったね、よくできてるね」で終わらせないものにするために、曲をただのBGMにしない、むしろ曲が主人公となって映像を引っ張っていけるようなもの、それがイバラッパーとして参加した自分に求められていることだと考えました。

そのために重要なのは、なんといっても「歌詞」です。ところどころ茨城弁を使ったラップという時点で、すでに他にはないオリジナリティは獲得できているかなとは思いますが、ただの宣伝ではなく、坂東市や農業に対して新たな発見をしてもらえるような内容を意識しました。

農業が大変な仕事、古い仕事ではなく、自分主導で取り組める楽しい仕事、新しい働き方の一つなんだと、とらえなおしてもらえたら…。そして、そのステージとして坂東市が恵まれた環境にあるんだということを動画を通して伝えられたら幸いです。

動画、曲のほうともタイトルは「農業はじめんなら坂東」です。トラックはかねてから好評だったイバラッパー「坂東」(2017ver)をベースにし、歌詞を農業PR用に書き下ろし、アレンジを一新しました。

ダイジェスト放映&フル配信

新宿東口アルタビジョン(期間限定)

あのアルタビジョンでダイジェスト動画が流れます(2019年3月1日~3月31日)。

11時から23時台まで、奇数時38分30秒~/天気予報枠45秒間

YouTube(フル配信)

配信元:坂東市YouTube

イバラッパー「農業はじめんなら坂東」歌詞

セリフ「農業が古い仕事って、誰言ったんで?一周回って一番新しかっぺな。」

 

坂東 ここでやんど 新しい時代が始まんど

坂東 このブランド 自分次第ででっかぐなんど

坂東 夢があんど なら 動ぐだげ 近くなっと

坂東 来てもらーど さあさ みんなこごさ集まっと

 

この土地ほどよくワイド 自然に感謝しないと

うないやすいべフラット たちまち愛しくなっと

作る楽しみディライト 忘れちゃなんねプライド

失敗もたまにあっと でもやるっきゃあんめよファイト

 

坂東 バンババン 坂東 農業はじめんなら 坂東

大地とつながる この感動 自然の恵み NEVER END

坂東 バンババン 坂東 都心もちけーど 北関東

いいやんばいな 自然環境 作っていぐどー 理想郷

 

熟練の技グレイト たゆみなくアップデート

この仕事古くねえど むしろ 働き方イノベート

世代を超えたフレンド 仲間たち ソウルメイト

引き合ってバイブレート 加速するムーブメント

 

坂東 バンババン 坂東 農業続けんなら 坂東

夏ネギ トップの 生産量 白菜 レタスも んめーど

坂東 バンババン 坂東 高速もあっと 圏央道

橋渡ってけば 千葉・東京 鉄道ねえげど 慣れっと

 

自治体のPR動画について思うこと

自治体がYouTubeにPR動画を投稿してたびたび大きな話題になったのは今から2~3年前頃がピークだったでしょうか。イバラッパーでいうと「ここが古河」という曲が古河市のオフィシャル動画に認定されたりして、テレビや新聞でもかなり取り上げていただきました。

 

ただ最近は自治体が100万以上ものお金をつぎこんで動画を作ってもたいして話題にならず、再生数も上がらず、お金のムダ使いだという論者も出てきています。それはまったくそのとおりだと思います。特にプロに頼んでキレイでかっこいい動画を作って大満足!公開してハイおしまい!というパターンがあまりに多いですから。

あ、言っておきますが、うちの動画は超低予算ですので、どうかご安心ください(笑)。まあでも予算が低いからいいというわけでもなく、高ければ高いなりにいいものが作れるのは紛れもない事実ですから、そこは今回の論点じゃないです。ハイ

じゃあ、何が言いたいのかといいますと、動画は作って終わりではなく、作ってからの活用が大事じゃないかなと。ネット上での紹介もそうですが、モニターやタブレットを持ち込んだり、設置したりできる場所はいくらでもありますから、イベントだったり公共スペースだったり、YouTube上だけでなく、活用できるシーンは多岐にわたるかと思います。

もちろん私もネットだけでなく、曲をラジオ番組でかけたり、今度発売予定のアルバム(イバラッパー06)に収録したり、それこそライブイベントで披露するなど、いろんなところでPRしていきたいと思っています。

使い方次第ではこれほど手軽で効果的なPRツールもないですよね。しかも、今回はお金だってほとんどかかってないわけですから、これで坂東市や農業に興味を持って下さる方が増えたり、地元の人にやっぱり俺の地元っていいとこだよなぁって思ってもらえたら、むしろ費用対効果ありまくりです。古河のケースなどは、かけた予算や労力からすれば、ホント何百倍といっていいほどの費用対効果がありました。プライスレスです!

というわけで「農業はじめんなら坂東」をぜひ多くの方に知っていただき、話題にしていただけたら嬉しいです。

↓坂東市のサイトでも紹介されています。

参考:農業PR動画で坂東市の魅力発信(坂東市)


Tagged on: