2010新作Tシャツ届きました

1ヶ月ほど前に予告記事を書きましたが、今年の新作Tシャツ(2種類)が手元に届きましたので、さっそく紹介させていただきます。

どちらも期待通りの仕上がりで、茨城弁Tシャツのテーマの一つでもある「ダサカッコよさ」=「笑えるカッコよさ」が見事に表現されていると自負しています。

まずは↓こちらの写真をご覧ください。

水戸納豆Tシャツ

左の2つは予告記事に書いた「水戸納豆Tシャツ」です。

どんぶりに盛られた納豆ご飯。箸でつまんだ納豆から糸がネバーっと出ている様子がおわかりいただけるでしょうか?

「Never Never」=ネバーネバーという切れのある?(オヤジ)ギャグもデザインにアクセントをもたらしてくれていますね。

納豆という純和風の食材をテーマにしつつも、あまり野暮ったくならないよう、あえてアメカジっぽいテイストを取り入れています。「欧米人から見た日本」という雰囲気を出したかったのですが、なんとなくそういう感じが出てますかねぇ。

カラーは2種類で、中央が水色系の「フロストスカイ」。予告記事で使ったものに一番近かった色にしました。ポップに、そして、さわやかに、納豆Tシャツを着こなしたい方向けですかね(笑)。

左側が「納豆に近い色を…」と思って選んだ「モカ」。落ち着いた色で、納豆の持っている本来の世界観にぴったりですね(笑)。

プリント面は前面のみで、価格は1,980円です。

茨城弁スペシャル2010

そして、もう一つの新作が久々となる「茨城弁スペシャル」シリーズの第4弾。その名も「茨城弁スペシャル2010」です。

前面に書いてあるのは私の著作名でもある「いばらぎじゃなくていばらき」という文字で、デザイン性の強いフォントを使って、かっこいい和風Tシャツを意識しました。

ただ、これだけだと茨城弁スペシャルにはなりませんね。↓肝心の茨城弁は背面にプリントされています。

過去の茨城弁スペシャル(Ⅰ~Ⅲ)はすべて横書きでしたが、今回の2010バージョンは初めて縦書きのひらがなを採用してみました。30種類の茨城弁がプリントされています。

なお、写真では小さくて読み取れませんが、「イバラキングのごじゃっぺラジオZ」の人気コーナーにもなっている「茨城弁教育委員会」の文字も入っています。

気になるカラーは2種類ありますが、写真のカラーは「ターコイズブルー」。発色の良い、とてもキレイなブルーです。

もう一つはまだ写真に撮っていませんが、大定番ともいえる「ブラック」です。黒いボディに白いロゴというモノトーンの組み合わせはやはり人気が高く、「王道」ともいえますね。

価格は前面+背面の両面プリントのため、2,480円となります。

さっき届いたばかりなので、まだ販売していませんが、これから販売準備を進め、早ければ本日25日の夜から、遅くとも明日26日の朝までに発売できるようにしたいと思います。そういうわけで発売までもうしばらくお待ちください。

↓さっそく販売をスタートしました。

※茨城弁Tシャツ(テーシャッツ) ・・・茨城王 Online Shop